松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

古梁紹岷禅師 「亀画賛」

古梁紹岷(1756~1839)
こりょうじょうみん
神奈川県高座郡出身。号の南山で親しまれている。小僧時代に江戸東禅寺で仙台藩7代藩主吉村公にお茶を呈したところ、誤ってこれをこぼしてしまった。禅師は非礼を詫び、お手討を請うた。藩主はその清清しい態度に大いに感心したという。後に瑞鳳寺や覚範寺住職となり文化6年妙心寺にて開堂し、紫衣を賜った。詩偈と書に巧みなことで知られている。賛は「薄墨でさっと画たる亀那麗ど四五百年はきっと受け合。」

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」