松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

草山祖芳禅師「逢茶喫茶 遇飯喫飯」

草山祖芳禅師(1722~1806)号は樹下堂、漢興など。京都の人。5歳で父を喪い、元文元年(1736)雑華院の古篆楚琳の下で得度、梁山元旨の下で修行し、その法を嗣ぐ。詳しくは「喝似雷奔」をご覧下さい。
「茶に逢うて茶を喫し 飯に遇うて飯を喫す」は碧巌録80則等に見られる語句(遇茶喫茶 遇飯喫飯と記述される場合が多い。)で、茶を出されればこれを飲み、ご飯を出されればこれを頂くというこだわりの無い境涯を表現したもの。

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」