松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

寒巌壊灰禅師「通身無影像」

寒巌禅師は別号雲関。年少期の行状は詳らかでない。禅師は洞水禅師の弟子である無印珠庵主が、雲居禅師の教えを良く受け継いでいるということを耳にし、仙台まで行脚し修行をしたという方。庵主の家風を慕って長年その膝下に随ったが、何でも飯炊きをしている際に、ボーっとしていたところを庵主に箒でひっぱたかれて悟ったとか…。庵主が遷化(亡くなった)後に、古月禅師の法を嗣ぎ、現在の大分市にある少林寺の住持となっている。延享元年(1744)4月21日示寂。世寿は50代であったとされる。弟子に古月下の法を継いだ虚霊祖応禅師、白隠下の法を継いだ斯経慧梁禅師、寒巌禅師の法を継いだ卍山端倪禅師がいる。「通身無影像」は「通身影像無く、脱体露堂々」と続く言葉。全身が玲瓏として一切の影無く、赤裸々露堂々。仏性に成り切って妄想の影すら無いという意味。また『碧巌録』90則では「如何なるか般若の体」に着けられる語句で、般若の体は体中に行き渡っているが、探しても影も形も無いという意味で用いられている。

 

 

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」