松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

桂洲道倫禅師「喝 置き字」

天龍寺221世桂洲道倫禅師(1714~1794)の作品。

僧「仏法のぎりぎり肝要の処を伺いたい。」
師(臨済禅師)はすかさず「かーつ」と一喝を浴びせた。
僧は礼拝した。

上記は臨済録の一節。一喝は臨済禅師を象徴する弟子を導き仏法の大意を示す手段で、臨済録には四喝が説かれ、この置き字はこれに基づくもの。
「有る時の一喝は金剛宝剣の如く、有る時の一喝は踞地金毛の獅子の如く、有る時の一喝は探竿影草の如く、有る時の一喝は一喝の用を作さず。汝作麼生か会す。云々」とある。踞地金毛とは地にうずくまって獲物を狙う獅子。金毛とは最も老成した獅子の形容。

 

 

 

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」