松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

塩竈松島絵図屏風 狩野興碩(かのう こうせき?−1751)作


塩竈側


松島側

塩竈神社から松島五大堂付近までを描いた屏風。作者の狩野興碩は「江戸時代中期の画家。狩野興益の4男。兄興伯の長男早世のため、兄の養子となり、紀伊(きい)和歌山藩の御用絵師をつとめた。宝暦元年死去。」(日本人名辞典より引用)とのこと。興碩の署名には69歳とある。絵の仕上がりから想像するに最盛期の作品だろうか?修繕がなされた際に地名が書き込まれた札が剥がされた形跡が見られる。
本紙縦75cm横267cm

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」