松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

塩竈松島絵図

手画きによる塩竈松島図。塩竈神社の社殿の様式から綱村公が元禄八年(一六九五)に始める大改築迄の間に画かれた可能性がある。
建物の描写が細やかで草書で地名等が書き込まれ、近世のこの地の様子を伝える貴重な資料である。

塩竈神社周辺~文治灯篭が往時の姿で描かれている。

釜が四つ確認出来るのが御釜神社。下方、橋が架けられる半島に寺ケ崎付近の建物は東園寺だと思われる。

福浦島〜毒龍庵は瑞巌寺中興洞水禅師開創の庵。洞水禅師に関してはこちらの作品もご覧ください。

瑞巌寺周辺の様子。現在、杉が立ち並ぶ参道脇には塔頭寺院が林立する。

水主町から陽徳院の様子。陽徳院は藩祖政宗公正室愛姫の菩提寺。往時の伽藍と御霊屋が描かれている。

いわゆる八百八島。

七ヶ浜の様子。

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」