松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

小池曲江居士「寿老人画」


 寿老人は中国伝説上の人物。宋代、元祐年間(1086~1093)の人で、通常は頭が長く白髪、団扇(うちわ)と巻物をつけた杖(つえ)とを持ち鹿や鶴を伴う姿で描かれる。この寿老人は頭が長く描かれていないが、このような描写も少なくない。伴う鹿は玄鹿と呼ばれ、千五百歳を超えており、その肉を食うと二千歳の長寿を得るという。曲江居士は九十の長寿を全うし、しかも晩年まで作品を制作していることも相俟ってこのような吉祥画を依頼されることが多かった。
東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」