松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

一絲文守禅師法語「舎利弗曰問竜女云々」

一絲文守禅師法語「舎利弗曰問竜女云々」(1608~1646)

 京都久我家の出身。14歳にして相国寺雪岑に参じ、沢庵、雲居、愚堂に歴参。愚堂の法を嗣ぐ。後水尾天皇の帰依をうけ、寛永18年丹波法常寺を開創。同年近江の永源寺に住した。世壽39歳。詩文水墨画に長じ、著作の多数伝わる。夭折が悔やまれる名僧である。
 法語は、舎利弗が龍女にやり込められた維摩経の一節にもとづき、尼僧をして更に向上の一路を求めるいう内容。
東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」