松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

古梁紹岷禅師「鍾馗画賛」

古梁紹岷禅師鍾馗画賛

護善擯悪  善を護り 悪を擯(しりぞ)く
雄視眈々  雄視眈々
一握青霜  一握の青霜(せいそう)
群魔喪膽  群魔膽(きも)を喪す
南山老人
※青霜とは剣のこと

古梁紹岷は南山の名で親しまれる。宝暦六年(1756)相模の出身。七代藩主重村公に見出され、後に仙台瑞鳳寺の住持となる。書画に巧みで、東東洋、菅井梅関、小池曲江らとの合作も残される。鍾馗は唐の玄宗皇帝が夢に見た終南山の進士。魔を祓い病気を治すと信じられる。本邦では、五月五日の端午の節供のこいのぼりに描かれたり、人形が作成され魔よけとされる。通常は目を剥いた恐ろしい表情に描かれるが、この南山さんの鍾馗さんはなかなかひょうきんな顔をしている。

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」