松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

白隠慧鶴禅師 「面壁達磨画賛」

白隠慧鶴禅師 「面壁達磨画賛」

白隠慧鶴禅師(1685-1768)
面壁達磨

白隠禅師は言わずと知れた臨済宗中興の祖と謳われる方で、現在の臨済宗の法流は妙心寺派に限らず、白隠禅師にたどり着く。正法の源流というと堅苦しいが、白隠は多くの弟子を厳しく指導する一方、数多くの書画を残している。この中には弟子に与えたと思われる作品も残されるが、多くは庶民の求めに応じて画かれたものである。 従来、白隠の書画は画自体の寛容な画風とは相反して難解な内容が多いとされたが、最近の研究では、江戸の流行言葉や芝居の一場面の内容を取り入れたもので、江戸時代の庶民には容易に理解できたものも多数存在していることが認められている。
東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」