松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

鐵牛道機禅師 「鶴 置き字」

鐵牛道機禅師 「鶴 置き字」

「鶴は翔ける千歳の松 亀は躍る萬年の石 壬戌小春日 紫雲鐵牛機書」とある。 鉄牛禅師(1628~1700)は、因幡国龍峯寺提宗慧全禅師の許で修行後、長崎に滞在していた隠元禅師に参じ、ついで隠元の高弟木庵禅師(もくあん しょうとう)に師事して鉄牛道機と名を改め、その法を嗣いだ。小田原紹太寺、江戸弘福寺、仙台大年寺等を開創。鉄眼道光の「大蔵経」の開版に協力し、下総国の椿海の干拓などの社会事業を助け、椿海辺に福聚寺を開創した。世寿73歳  壬戌(みずのえいぬ)小春とは天和2年(1682)の陰暦10月のこと。鉄牛禅師は50代半ばの壮年期。
東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」