松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

伊達吉村公「遊蝶花画」

古梁紹岷禅師 「本立而道成」

吉村公は、仙台藩の第五代藩主で、伊達氏の第二十一代当主。出自は伊達家一門の宮床伊達氏。父は第二代藩主忠宗公の八男・宗房公(吉村は宗房の長男)。母は片倉景長の娘。四代藩主綱村公の長男・扇千代丸が早世したために養嗣子となり、元禄十六年(1703年)、綱村公の隠居にともない家督を継ぐ。藩の財政再建に尽力し、伊達家中興の名君と称される。書、絵画、和歌などに精通し、藩内に学問所を開いて学芸を奨励した。寛保3年(1743年)、宗村公に家督を譲って隠居し、宝暦元年(1751年)に72歳で死去。

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」