松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

鐵牛道機禅師「道風千古高」


 鐵牛道機禅師(一六二八~一七〇〇)。長門須佐の人。父は毛利家の家臣。母の父は大内義隆の家臣であった永富家の子孫。十一歳の頃より臨済宗妙心寺派龍峰寺の提宗に学ぶ。十五歳にして、提宗につき得度、慧覚と名乗る。明暦元年(一六五五)隠元禅師と相見。続いて木庵禅師に参じ、さらに木庵禅師の命により隠元禅師に参じる。寛文七年(一六六七)木庵禅師より印可を受ける。これより小田原紹太寺、江戸瑞祥寺、弘福寺、駿河瑞林寺、仙台大年寺等の復興や開創に関わった。
 作品は鐵牛禅師の一行書。筆に禅師の豪気な禅風が感ぜられる。語句の出典は不明。
東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」