松巌山 東園禅寺トップ > 東園寺所蔵書画

東園寺所蔵書画

雲居希膺禅師「消息 玉川ノ長彦右衛門宛」

久々音問杜絶御床
敷事山々其許
一族御無事ニ候ヤ
愚僧事老衰可
有御推量候モハヤ
弥勒ノ出世ノ時可申
承候恐々不宣
寛十九松島ノ雲居希膺(花押)
 二月廿五 
玉川ノ長彦右衛門殿
         床下


瑞巌寺中興開山、雲居禅師(1582~1659)の消息(手紙)。玉川ノ長彦右衛門については不詳。旧知の間だったのだろうか、対面叶わぬ事を嘆き、雲居自身が年老いてしまったので、遙か未来の弥勒仏の法会で会うとしている。寛十九は寛永十九年のことで、雲居禅師六十一歳。年譜を拝するにこの年は金華山に赴き、翌年は妙心寺再住の拝請を受け、悟渓禅師の塔所である美濃瑞龍寺の復興を依頼される等、「愚僧事老衰」との感は皆無であるが、席を温める暇も無く化導をしていた時期だけに地元との繋がりは薄くなったのかもしれない
東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」