松巌山 東園禅寺トップ > 法螺貝

法螺貝 住職の法話

平成二十八年六月発行

地に足を着けて

 昔、宏智(わんち)禅師という方が修行中のことです。ある僧と禅の話をしていて、宏智思わず声を上げて笑ってしまいました。その大笑を見て師匠の丹霞子淳(たんかしじゅん)禅師は叱責して言いました。
「君が我を忘れて笑ったその瞬間に多くの大切なことを失ったぞ!わかるか?暫時も在らざれば、死人に同じが如し。(しばらくも己というものを失えば死人に等しいぞ!)」
 宏智禅師は中国が唐と呼ばれた時代の禅僧。この逸話が載せられる『禅関策進』という書物は明末のものです。同著の筆者、雲棲禅師はこの話に対して、「禅のことを話している時に笑い声を上げると昔から呵責されたものである。今時の俗人の冗談話は腹を抱えて笑い反省も無い。」と嘆いています。
笑いは我々の生活や心を豊かにする大切なものですが、この楽しさに心奪われ、自らを失うということについては現代を生きる我々も重々注意せねばなりません。
 昨今、耳にする様々な不祥事は、まさに楽しみに心奪われ、自らを失することから生じたものでしょう。大切な人生、自らをより良く保ち、しくじりの無いようしたいものですね。

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」