松巌山 東園禅寺トップ > 法螺貝

法螺貝 住職の法話

令和元年五月発行

「梅花」

 令和元年となりました。先ずは新天皇陛下の御即位をお祝いし、令和の世も国内に戦禍が及ばず、日本の平和が世界にも広がります事を心から祈念致したいと存じます。
 さて令和という元号は『万葉集』(巻五、梅花の歌三十二首并せて序)の「時に、初春の令月にして、気(き)淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す。」からの取材したものだそうです。
 梅は厳寒の時節に百花に先駆けて花を開き、我々を楽しませ、時に励ましを与えてくれます。このような花ですので古くから禅宗でも尊ばれ、禅語にも「一點(てん)梅花の蘂(ずい)三千世界香し」「渓梅一朶(だ)香し」「梅花五福を開く」等々、梅にちなんだものは例をあげれば枚挙に遑がありません。禅宗においては大いなる迷いや厳しい修行を経て大悟に至る過程を雪中の梅に託したのでしょう。
 令和という語自体には梅や初春の喜びが感じられるわけではありませんが、是非語源も踏まえつつ、令和の世をより良く生きる指針とし、日々成長の為に努力精進したいものです。
東園寺住持成也合掌

東園寺 所蔵書画

東園寺で所蔵の書画をご紹介しています。

東園寺 中興開山

東園寺の中興開山である曹源祖水和尚(そうげんそすいおしょう)についてのお話がご覧いただけます。

布袋の袋 東園寺住職の塩釜中央幼稚園園長のブログ。
携帯電話からもご覧になれます。右のQRコードを読み取ってください
花園妙心寺 ご開山さま
塩釜中央幼稚園 われらはほとけのこどもなり
「くじら組日記~塩釜中央幼稚園のブログ」